About us
「世の中から紛争裁判をなくす」
弁護士時代、多くの裁判を取り扱ってきましたが、私が感じたことは、「たとえ裁判に勝ったとしても、クライアントは幸せではなさそうだな」ということです。
裁判においては、たとえ勝ったとしても、多くの時間、お金、精神的な負担を要します。
また、何よりも、昨日の友人や取引先、会社や仲間と戦い、それらを失ってしまうことも少なくありません。
そこから、「できることなら、紛争や裁判はない方が良いのではないか」、「何とか紛争裁判にならないように予防することはできないのか」ということを強く考えるようになりました。
これが、当社創業の「志」となっています。
Holmesをつくる過程で、多くの方からは「それでは弁護士としての仕事がなくなってしまうから困るのではないか」という事を言っていただきました。
しかし、私は「弁護士としてではなく」、顧客のためのみを考え、顧客にとってより高い価値を追求していき、それによって社会をよりよくしていきたいと思っています。
それは、当社の想いでもあります。
 MISSION
1
「契約書を作らない理由をなくす」
私は、弁護士として多数の紛争・裁判を取り扱うなかで、
「なぜ、裁判が起きるのか。」 
と、考え続けた結果、少なくとも取引に関する裁判については、
「そもそも、契約書が存在しない」
「最初に契約書を一回作っただけで、それ以降の取引の際には書類は何も交わしていない」
ことがとても多いことに気がつきました。
では、多くの人はなぜ契約書を作らないのか。
契約書の必要性自体を認識していないという方はほとんどいないのではないかと思います。
弁護士などの専門家に、取引毎に相談し、取引毎に契約書を作成してもらうことは、とても時間・手間・お金の面でコストがかかります。
実際に、なかなか相談や依頼できなかったり、一度も相談や依頼をしたことがないという方も多いのではないでしょうか。
そこで、いつでも、簡単に、安価で契約書を作成することができれば、契約書を作成することが当たり前となり、「世の中から紛争・裁判をなくす」ことに近づくことができるのではないかと考えました。
2
「Challenge the Legacy」
契約書=「紙で作成し、郵送で締結し、ファイルで保管する」これが、当たり前の習慣(=Legacy)となっています。
しかし、作成・締結・管理が煩雑になれば、当然、契約書の記載内容をきちんと確認したり、把握することが困難になり、それによって、紛争や裁判を引き起こすことが往々にしてあります。
そこで、当社は契約書をもっと作成・締結・管理しやすくすることが、「世の中から紛争裁判をなくす」ために重要であると考えています。
そのために、当社は、契約書=「紙で作成し、郵送で締結し、ファイルで保管する」という非効率なLegacyを打倒することにチャレンジする、「Challenge the Legacy」をミッションとします。
 VALUE
「Change your work value」
非効率なLegacyを打倒した先にあるもの、それは、皆様の仕事の価値が高まることであると考えます。
今まで、非効率な契約書作成、締結のための郵送業務や契約書が返信されてきたかの確認、締結した契約書のファイリングやPDF化、内容のエクセル入力、役員や営業に契約内容の質問があったときにはファイルをひっくり返しながら契約書を探す・・・ 
このような非効率な作業ではなく、もっと価値が高く生産的な仕事行う。
紛争や裁判対応という過去についての膨大な作業よりも、もっと未来のための重要な仕事を行う。
当社は、皆様の仕事の価値を変えます。
 PRODUCT PHILOSOPHY
Easiest and Finest
最も簡単に、最適な契約書を作成する。
最も簡単に、最適な形で契約を締結する。
最も簡単に、最適な形で契約書を管理する。
HolmesはEasiest and Finestを追究します。
 VISION
Legal products over the sea
=世界中で使われるリーガルプロダクトを創る
当社の社名である「リグシー」は、このビジョンを略したものです。
「世の中」から紛争裁判をなくす、という志を掲げている以上、日本だけにとどまっていることは志に対して嘘をついていることになってしまう・・
そこで、当社は世界を目指します。
法律や弁護士というのは、とてもドメスティックなものです。
法律は当然各国で違いますし、弁護士資格も各国が定めるものです。
日本に加えて、海外の法律やひいては商慣習や感情、文化を理解して、複数の国で弁護士を行うことは現実的に不可能であると考えています。
(複数の国で資格をもつことは可能ですが、実際に複数の国で弁護士として精通することを指しています。)
しかし、弁護士という枠組みを超え、リーガルプロダクトを創ることで、海外にフィットしていき、真の意味で「海をこえ」、「世界中で使われる」ようになることが可能なのではないかと考えています。
世の中から紛争裁判をなくすために、当社は海をこえることを本気で目指します。
ロゴの意味
当社ロゴは、幕末の志士である坂本龍馬が創設した、海援隊の旗をモチーフとしています。
坂本龍馬は、蒸気機関船(黒船)により、世界の海を駆け回り、世界中を相手に貿易をすることを夢としていたと言われています。
しかし、当時の江戸幕府ではその夢を実現することはほぼ不可能でした。
そこで、坂本龍馬は夢を実現するために、倒幕を目指したと言われています。
また、坂本龍馬は、当時の社会常識や慣習にとらわれることなく、万民平等の社会を実現すべく活動をしてきました。
また、万国公法の普及を強く主張した人物でもあり、憲法制定や議会創設などを思い描いていたといわれています。
当社も坂本龍馬のように、自身の夢や志を実現するために、現在の社会の常識や慣習(=Legacy)にとらわれることなく、広く法律サービスを提供し、全ての人が簡単に権利を実現できる、ひいては「世の中から紛争裁判をなくす」ことを実現していきたいと思っています。
商号
株式会社リグシー / LegSea Inc.
代表者
代表取締役 笹原健太
住所
東京都千代田区大手町1−6−1大手町ビル4階 Finolab内
TEL
050-1746-9492